燦々と・・・

  神様は
人がこの世に生れ落ちる瞬間に
誰にでも平等に 十の幸せをお与え下さいます


。。。立ち寄ってくれてありがとう。。。


5

先日の、障害者が犠牲になった理不尽な事件。
報道を観るたび、胸がつまる思いです。


その報道の中で
全国手をつなぐ育成会
という団体が出てきました。
この前身は結婚する前、私が勤めていた
社会福祉法人 全日本精神薄弱者育成会
~手をつなぐ親の会~
です。

当時、事務局の所在地は西新橋。
東京都の育成会と同じフロアーにありました。
各都道府県、主要都市などに単位育成会があり、
その統括組織でした。

年に一度の全国大会、
いろいろな場所で、それは開催されていました。

私が辞めた長い月日の経過とともに、名称、組織、所在地などなど、
いろいろ変わったようですが。。。


私は、高校卒業後、中外製薬に入社し、
そこで社会福祉に関わる仕事に就きたいと、
たまたま「とらばーゆ」で見つけたここを受けました。
99人の応募者の中から1人、採用され
とらばーゆしたわけです。

結婚を期に辞めましたが、
今でも私は、
短い期間ではありましたが、
ここに携わってこられたことに誇りを持っています。

te
画像はGoogle画像検索にてお借りしています。

5

あぁ可愛い息子たちよ。。。
こんな時があったんだ

6527558_1374975528_63large[1]



1

今日も、わけわからぬ虫が家の中に
それも、私の足に
悲鳴

昨日も、二種類

昼間は孫達が、
ダンゴ虫だのバッタだの
カブト虫だの


あ~~~~~~
夏のない世界に行きたい
虫のいない世界に行きたい


夫:「鍛えるために、今日から外に寝ろ

心臓麻痺起こして死ぬわ

5

ここに新たなブログを開設して
あっという間の三ヶ月

いつも来てくださる皆さん
どうもありがとう



これからも自分の記録として、
細々と綴っていこうと思います

SL

1

早朝の出来事でした

夫と私はまだベットの中。。。
私はぼ~っと目覚めてました。

夫の携帯電話が鳴りました
ベットから起きて、私が夫の携帯を手に取ると、
夫の弟の名前が表示され、
私:「弟からだよ」と、
応答ボタンを押して、夫に手渡し、
夫:「もしもし」
・・・
すでに切れていました。
私:「切るの早いね

夫は、かけ直そうと、着信履歴を見ました。
私も一緒に見ていました。
夫:「あれ?違うよ」
そこには夫の弟の着信履歴はなく、知らない電話番号が載っていました。

夫は、そこにかけ直そうと番号をタップした瞬間
訛りのある女性の声が聞こえてきたのです。
・・・まだ発信していない・・・

私:心のなかで(あ、伝言メモに伝言入れてる最中なんだな)

夫が電話をかけると、
やはり訛りのある女性の声が(何を言ってるか私には聞き取れない)
夫:「どちらへおかけですか?」
・・・
夫:「違いますよ」
と、電話を切りました。
訛りがすごくて何を言ってるのかよくわからなかったと。。。

その後、伝言メモを見てみると1秒との表示。
もちろん何も録音されていません。
そして、その通話は切ったのに、
一番上のステータスバーには、
ずっと通話マークが表示されたまま消えません。

なんだか気味悪くなって
携帯電話の再起動をして、やっと通話マークはなくなりました。

後に、その電話番号を検索してみると
大船渡の固定電話です。
大船渡に夫の知り合いはいません。

その後、夫の弟から本当に電話がきました。
夫が、朝、電話くれたか聞くと、してないと。


不可解なのは、
最初に着信表示が夫の弟の名前だったこと
夫の弟の写真表示にしてあるけれど、写真は表示されず
実際の弟の電話には、いつもどおり写真も表示されていました。
そして、着信履歴から、電話番号を押しただけで(発信はしていない)
女性の声が聞こえてきたこと
通話を終了したはずなのに、ずっと通話マークが消えないこと

夫は、大船渡と知って
お盆が近いからな。。。と、ボソッと言いました
(東日本大震災を思い起こし。。。)

ひぇ~~~~~

このページのトップヘ